• 2作品を交互に上演!

    【パンの巻(三つの短編)】
    『嵐のまえのしずけさを』
    『いるはずの彼』
    『海のみえる電車』
    作・演出:久保田浩
    【玉子の巻(オムニバス長編)】
    『鶏と卵のジレンマ』
    作:長尾ジョージ、演出:久保田浩

  • 久保田浩よりご挨拶

    別に「令和」になるからではありませんが。 宣言。50音シリーズに挑戦いたします。
    はい。『あ』から書き始めます。
    なんとか『ん』までたどり着きたいのですが、年1本だと50年かかっちゃいますね(正確には50音じゃないか)。 なのでいきなり短編3本で。

  • 今回の遊気舎。
    長尾ジョージ脚本作品と
    まとめて『アンソロジー』

    作品集、詩撰、歌撰…もとは「花集め」「花摘み」という語源だそうな。
    まずはどっかで摘んだ私とジョージの雑草を花束にして差し出します。
    「令和」か。
    『いろは』にしとけばよかったかな(笑)。

■遊気舎vol.47

『アンソロジー ~三つの短編と鶏と卵~』
ウイングフィールド提携公演
第11回むりやり堺筋線演劇祭参加

■日程

7月3日(水)~7日(日)
7月3日(水)19時(パン)
4日(木)19時(玉子)
5日(金)15時(玉子)/19時(パン)
6日(土)12時(パン)/16時(玉子)
7日(日)12時(玉子)/16時(パン)
~開場は開演の30分前、受付は45分前より開始します~

■料金

前売:3,000円
当日:3,500円
パン・玉子通し券:5500円
学生:2,000円(要証明書)
※全自由席(整理番号付き)

■チケット取扱

☆カルテットオンライン(予約のみ)
☆演劇パス(事前支払いのみ)
■お問い合わせ→yukisha_theater@yahoo.co.jp

■会場

ウイングフィールド
〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋2-1-27 周防町ウイングス6F

7月に上演される、2つの顔の遊気舎

【パンの巻(三つの短編)】
『嵐の前のしずけさを』
お爺ちゃんに付けてもらった名前「はるか」。長く会っていないお爺ちゃんが100歳の誕生日。お祝いしてあげたい「はるか」だが…。
『いるはずの彼』
何十年ぶりかに集まった仲間たち。まだ忘れてない思い出を口々に。そんな思い出にポツリポツリと現れる少年「トキオ」。俺の知ってる「トキオ」とあいつの知ってる「トキオ」は同じ人物なのか?
『海のみえる電車』
人には言えない通いの電車。視界に広がる海だけが相手。なのに。存在を消している自分の横に座り込んできた女。会話なんてしたくないのに…。おかしな人ではなさそう。でも…。この人…。
「あ」「い」「う」で始まる物語。
日常起こるさざ波やちょっとした嵐を描く短編集!



【玉子の巻(オムニバス長編)】
『鶏と卵のジレンマ』
追い込まれた芸能事務所、争うOL、責任をなすりつけ合う先生、そして黒ずくめのエージェント。
其々の思惑が複雑に絡み合うジェットコースター的展開のサスペンス&ナンセンス、オムニバスコメディ!

チケット予約

コチラをクリック

5月18日(土)チケット発売開始